IPアドレスの話をしよう

ご存知の通りTCP/IPでは、通信先を特定するのに「IPアドレス」を使います。 今回はそのIPアドレスについて簡単にまとめてみようかなと思います。

※今記事ではIPv4を扱います。

IPアドレス

IPアドレスは、32ビットで構築されます。

192.168.1.2 のように8ビットずつ10進数に変換したものをピリオドで区切って表記します。

ピリオドで区切られた数字は、8ビットなので 「0 ~ 255」までです。

よって、IPアドレスは「0.0.0.0」~ 「255.255.255.255」 までとなります。

自由に利用できるアドレス

プライベートIPアドレスはパブリックIPアドレスと違い、自由に使うことができます。

以下はプライベートアドレス範囲です。

10.0.0.0 ~ 10.255.255.255

172.16.0.0 ~ 172.31.255.255

192.168.0.0 ~ 192.168.255.255

IPアドレス範囲と表記

ネットワークを構築するときは、そのネットワーク内で使うIPアドレスの範囲を定めます。

ホストに割り当てるIPアドレスの範囲は、「2のn乗個」と決まっています。

「256個」だとすると、最後から8ビット分になり、IPアドレスの「ピリオドで区切った先頭から3つまで」を境に、左側の数字をホストに割り当てます。

IPアドレスは前半の部分を「ネットワーク部」、後半の部分を「ホスト部」と言います。

ネットワーク部は、同じネットワークに属する限りは、同じ値になります。

ホスト部が割り当てたいサーバーやネットワーク機器に対する連番となります。

CIDR表記とサブネットマスク表記

  • CIDR表記

IPアドレスを2進数で表記した時に、「ネットワーク部のビット長」を「/ビット長」で表す方法のことです。

例えば、「192.168.0.0 ~ 192.168.255.255」は「192.168.0.0/16」と記述します。

「ネットワーク部のビット長」の数だけ2進数の1を並べて、残りは0を記述する表記です。

例えば、「192.168.0.0 ~ 192.168.255.255」は「192.168.0.0/255.255.0.0」と記述します。