システム監視

システム監視の概要について簡単にまとめておきます。

システム監視とは

システム監視とは、システム内で動作しているサーバ、アプリケーション、ネットワークなどんが正常に稼働しているかを定期的に確認することによって システムで発生した障害やリソース不足を検知し、システムの管理者に通知を行うための作業や仕組みのこと。

  • 稼働監視

pingを実行して応答を確認することでネットワークの疎通を確認したり、アプリケーションが利用するポートに接続を行い応答を確認すること。

  • リソース監視

CPU, メモリ、ディスク、ネットワークなど、OSやハードウェア、ネットワーク機器などのリソース使用状況をチェックすることにより システムやサービスのパフォーマンスが十分であるかを監視すること。 リソースの使用状況があらかじめ設定していた閾値以上になった場合に管理者に通知等を行うことでシステムのダウンタイムを短くできる。

  • アプリケーション監視

サーバ上で稼働している各アプリケーション内部のステータスやリソース利用状況を監視すること。


以上です。