IPアドレスの話をしよう

ご存知の通りTCP/IPでは、通信先を特定するのに「IPアドレス」を使います。 今回はそのIPアドレスについて簡単にまとめてみようかなと思います。

※今記事ではIPv4を扱います。

IPアドレス

IPアドレスは、32ビットで構築されます。

192.168.1.2 のように8ビットずつ10進数に変換したものをピリオドで区切って表記します。

ピリオドで区切られた数字は、8ビットなので 「0 ~ 255」までです。

よって、IPアドレスは「0.0.0.0」~ 「255.255.255.255」 までとなります。

自由に利用できるアドレス

プライベートIPアドレスはパブリックIPアドレスと違い、自由に使うことができます。

以下はプライベートアドレス範囲です。

10.0.0.0 ~ 10.255.255.255

172.16.0.0 ~ 172.31.255.255

192.168.0.0 ~ 192.168.255.255

IPアドレス範囲と表記

ネットワークを構築するときは、そのネットワーク内で使うIPアドレスの範囲を定めます。

ホストに割り当てるIPアドレスの範囲は、「2のn乗個」と決まっています。

「256個」だとすると、最後から8ビット分になり、IPアドレスの「ピリオドで区切った先頭から3つまで」を境に、左側の数字をホストに割り当てます。

IPアドレスは前半の部分を「ネットワーク部」、後半の部分を「ホスト部」と言います。

ネットワーク部は、同じネットワークに属する限りは、同じ値になります。

ホスト部が割り当てたいサーバーやネットワーク機器に対する連番となります。

CIDR表記とサブネットマスク表記

  • CIDR表記

IPアドレスを2進数で表記した時に、「ネットワーク部のビット長」を「/ビット長」で表す方法のことです。

例えば、「192.168.0.0 ~ 192.168.255.255」は「192.168.0.0/16」と記述します。

「ネットワーク部のビット長」の数だけ2進数の1を並べて、残りは0を記述する表記です。

例えば、「192.168.0.0 ~ 192.168.255.255」は「192.168.0.0/255.255.0.0」と記述します。

システム監視

システム監視の概要について簡単にまとめておきます。

システム監視とは

システム監視とは、システム内で動作しているサーバ、アプリケーション、ネットワークなどんが正常に稼働しているかを定期的に確認することによって システムで発生した障害やリソース不足を検知し、システムの管理者に通知を行うための作業や仕組みのこと。

  • 稼働監視

pingを実行して応答を確認することでネットワークの疎通を確認したり、アプリケーションが利用するポートに接続を行い応答を確認すること。

  • リソース監視

CPU, メモリ、ディスク、ネットワークなど、OSやハードウェア、ネットワーク機器などのリソース使用状況をチェックすることにより システムやサービスのパフォーマンスが十分であるかを監視すること。 リソースの使用状況があらかじめ設定していた閾値以上になった場合に管理者に通知等を行うことでシステムのダウンタイムを短くできる。

  • アプリケーション監視

サーバ上で稼働している各アプリケーション内部のステータスやリソース利用状況を監視すること。


以上です。